治療例6【五十肩 56歳 飲食業】

●急に肩の痛みがおきて、着替えが極めて困難。深夜、疼くような痛みで寝られない。

これは、加齢によって、腕および肩関節の周りの気・血の流れが滞り、冷えると痛みが発生すると考えます。
こちらまで痛みが伝わってくるほど、辛そうだったので、患部を直接治療するのではなく、関連のある経絡のつぼ(反対側・足のつぼ)を使いながら治療。
痛みが和らいだのち、直接肩関節の治療をし、筋トレをして、家でもできる運動をお教えしました。
五十肩は、個人差がありますがいずれにしても、ある程度の期間を要します。
あせらず、こつこつ根気よく治療していくことが大切です。


Comments are closed.