仰げば尊しは、泣ける。。。

今日は娘の卒業式。
 
忘れ物したというので、早めに届けにいったら。。。
友達にヘアーメイクしてもらうと言ってたけど、<はあ?>

<ちょっと、いい加減にしなさいよ!>という間もなく、
<ごめんなさいごめんなさい、わかってますぅ>といいながら、
逃げて行った。

卒業生入場の際も、<うちの子どこ?>状態で・・・・。

それでも、母は久し振りに「君が代」歌っちゃいました。

卒業証書、ひとりひとり渡さないんだ。。。
少々がっかり。ここでもわが子を確認できず。

   学校が大好きで、小さい頃からほとんど休まない子でした。
   高熱でふらふらなのに、行くと言ってききません。
   どうしてと聞くと、年に一度しか出ない<ちまき>の日だからと
   泣きじゃくりました。・・・ちまき、5本買ってあげました。

   ジャングルジムのてっぺんから、何度叱っても飛び降りると、
   幼稚園から、呼び出され。
   どうして、そんなあぶないことするの?と聞くと、
   
  「飛ぶ練習してるの、練習しないと飛べないでしょ。そうでしょ?」
   というないなや、ササっとジャングルジムに上って、
   幼稚園の先生と私の目の前で、手をひらひらさせて、
   飛ぶ練習ってのを見せてくれました。
   
   私もブランコの両手ばなしに挑戦する子だったので、
   娘の気持ちはよーくわかりました。
   「こうするんだよ」と、目をキラキラさせる娘に、
   <練習しても飛べないの>といえず、困った記憶だけが残っています。
   
そんなことを、思い出しながら…いよいよ <仰げば尊し>。
あっけらカランとした卒業生のわが子たちをよそに、
保護者席は、クライマックスを迎えました。

あっちこちで、バックからハンカチを出し、すすり泣いています。
私も、ピシッとアイロンのかかった白いハンカチで。。。

 ううっ…仰げば尊しは、泣ける。。。
 
卒業生退場…きっとあれだわ…たぶんあれがうちの子だ…そうだと思うけど、
まあいいや。。。

   
   


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA