自分を癒すということ

最近のテーマは、<自分を癒すということ>

 以前ケガをした時、やたら眠くなり、日中でも真っ暗にしたくなってカーテンして、寝ていたことがある。なんだか、プチ引きこもりになったかと思って、それを友人に話したら「野生の動物は、ケガをすると暗い穴の中で、自分で傷口をなめながら治すの。あなた、それはまさに野生動物の自然治癒力そのものよ!」「ハイハイ私は野生ですう。」…実は私は嬉しかった。野生の本能が脈々と生きずいてる。こんな都会派??の私にもまだ野性の本能がある!
 そこで、考えた。肉体的にも自分で癒す本能があるのなら、精神的にも自分で癒せる力があるはず。更年期障害のお年頃の私としては、気づかないけど周りの皆様に多大なご迷惑をかけてるかもしれない。。。イヤかけてるに決まってる。では、自分でこの得体のしれない更年期障害のストレスをどうやってやり過ごすか。友達や家族や仕事仲間や、誰かと時間を共有するのではなく、自分一人でいかに癒すか…。これが最近のテーマとなった。こう思った時点で私は、なんだかんだのストレスの大半が解決したわけではないのに、どうでもいいものになった。…つづく。


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA