にがみと強い香りの効果(上逆には)

今日からセンター試験が始まる。
毎年のことながら、雪の心配が付きまとう。

受験生のお母さんは、さぞかし気をもんで、受験生以上に緊張状態だと
お察しします。

こんな症状に心当たりありますか?

・緊張で、吐き気やしゃっくりが起きやすい。…「胃気の上逆」
・頭痛・めまい…「肝気の上逆」
・のどや胃のあたりに、詰まった感じがある。…「気滞」

気逆(人体の気が、体の上のほうに上がったままになっている)の時は、
「苦味」の強いものをたべるといい。
ただ、食べ過ぎると陽気が少なくなり胃腸を冷やしすぎるので注意。
  
   *牛・豚・鶏・魚の内臓  
   *海藻類
   *ふき・セロリ・ピーマン・ゴーヤ・パセリ・うど・シソなどの
    苦味の野菜。
   *グレープフルーツ
   *コーヒー・お茶

気滞(ストレスなどで、気持が悶々として、胸のあたりにたまっている。)
の時は、匂いの強い食べもので、気を押し流す。
食べ過ぎると、陽気を発散しやすく冷えが強くなるので注意。

   *シソ・みょうが・にら・ねぎ・にんにく
   *かんきつ類(レモン・グレープフルーツほか)
   *ジャスミンティ・ハーブティー
   *シトラス系のパフューム。

ぜひ、試してください。落ち着きます。
お母さんができること、落ち着いてにっこり笑って送り出してやることだけですもん。

応援してます、受験生のお母さん!

   
   


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA