のどに何かがつまった感じがする

食物がつまったわけでも、魚の骨が引っかかったわけでもないのに
のどに何かがつまった感じがする。。。。

病院では検査しても異常はないのに、でも何かがある感じがして、
気になって仕方ない。。。

これは、東洋医学では『梅核気』という。

鍼灸の臨床では、結構ポピュラーな症状である。

原因は、ストレス過多な人に現れやすい。
じーっと我慢する人に多いように思う。
悩みや不満を誰にも言えず、一人抱え込むような方にも
現れやすい。

治療法は

 1.まず、ストレスで過緊張となっているので
   自律神経を整えて、リラックスできるようにする。

 2.のどに詰まっている感じを直接的に解放するように
   喉のツボ(天突穴)・胸を開くように(だん中穴)
   滞っている気を勢いで押し出すためにおへその 
   下にある(気海穴)を使う。

 3.のどに詰まっているものを、水分が滞った『湿』という状態と
   とらえて、その湿を取り除く(豊隆穴)を使うこともある。

西洋医学では、『梅核気』に対して、なかなか適切なお薬がないので、
鍼灸治療が、活躍できる症状と言えると思う。


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA