50肩の夏

 50肩と言えば、痛くて腕が上がらない(髪をとかせない、ブラをはめられない)、夜うずいて寝られない、が代表的な症状です。この状態が、何か月と続き、ひどい人は1年以上続いたりする。

痛いということはもとより、その状態が続いていることに滅入ってしまいます。いったい、いつになったらもとのように動くようになるんだろうと。

一番避けたいのが、<冷え>です。冬は寒いから動かしにくいし、冷えやすい。最も治りにくい時期です。が、夏、これも真夏がくせ者です。暑いからクーラーをつけます。この時気をつけたいのが、肌を露出させないこと。せめて、半袖。タンクトップ、袖なしは確実に冷えます。汗をかいて、そのまま冷えこみます。治療効果もあっという間に半減します。

寝る時も同様です。痛いほうだけでもタオルで覆うとかしてください、暑いけど。そして、急性期は除きますが、ちょっと家族に手伝ってもらって、自分でできる運動法で、ずいぶん良くなります。

文章だけでうまく伝えられるかどうか心配ですが、次回はその運動法について。


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA