月経痛(生理痛)のツボ

月経痛は、ほんとにつらい。
10代では、学校に通うことに支障が出たり。
仕事を持っている方は、通勤に支障が出る。

臨床で、痛み止めを飲んでいる方が、こんなに多いとは思っていなかった。
特に1日目・2日目が、月経痛のピーク。

少しでも予防していただきたいので

鍼灸院へ通われていない方へ

せめて、ご自分でできる灸のツボをお教えします。

  1、薬局で、せんねん灸レギュラーを購入してください。

  2、月経がはじまる1週間ぐらい前から、はじめてください。

  3、ツボは、足にあります。
     
      肝経の『れいこう穴』
       ・内くるぶしから上へ指7本分(横にして)のところ。
       ・脛骨の上(すねの骨)にある。
       ・すねの骨のそーっとなでるように下から上にさわると
        虫食いのように少しへこんだところがあるので、
        そこが、ツボです。

      脾経の『三陰交』
       ・内くるぶしから上へ指4本分(横にして)のところ。
       ・脛骨の骨際(ぎりぎり内側)

  4、熱いと思うまでお灸をのせておいてください。
    熱くなければ、もうひとつやり直してください。
    冷え性が強いとなかなか熱いと感じません。
    お灸は、熱いと感じないと効果は少ないです。

    熱いと瞬間感じたら場所を移動してください。
    ちょっと隣にずらすだけでいいです。
    熱いのを我慢して、そのままにするとやけどしますから
    我慢はしなくて結構です。

一日1回でいいので、試してください。
痛くなってからお灸しても、そこそこは効きますが
やはり、始まる1週間前からが効果的です。
ぜひ試してください。

 


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA