意外な甘酒の効果

今発酵食品が注目を浴びている。

『あ、甘酒!』 お手軽感で、日常的でない感じが
いいな。。。と思って、毎晩夕食のあと、まったりテレビを見ながら
飲んでいる。

50gほどを2倍に伸ばし、甘味がもっと欲しい時は
ちょっと塩を加える。忘れてならないのが『おろししょうが』
ポカポカしてくるし、なんか穏やか~な気持ちになる。

これが、思いもかけない効果をもたらした。
便秘に効くのである。
何気に飲んでいたので、この効果は、うれしかった。
飲みはじめると、おなかがごろごろし始める。
その場ですぐというわけではないが、
翌日は、今までよりスムーズなのがいい。

甘酒は、『日本のヨーグルト』とか、『飲む点滴』と言われるほど、栄養が豊富。
しかも昔の人は、夏バテ予防に、飲んでいたらしい。

そういえば、義理の父(おしゅうとさん)が、晩年食欲が
なくなってから、麹から甘酒をつくって飲んでいたことを
思いだす。

何種類も試してみたが、『マルカワみそ製造の有機あまざけ』が、
おいしい。

甘酒は、甘いけど砂糖は添加されていない。
米のでんぷんを、米麹に含まれるアミラーゼという酵素で
糖化して作った還元糖(麦芽糖やブドウ糖)の甘みなのだそうだ。

ただし、血糖値はあがるので、糖尿病の方は気をつけていただきたい。


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA