冷えとのぼせ(更年期障害)

昨日からの雪で、めっぽう寒い。

ところがこんな時にも、妙にほてって熱い人がいる。
窓なんぞも開けたりして、家族や周りの人が大変いやがられる。

これが、更年期障害の典型的な症状『のぼせ』

それに加えて、足元はひどく冷えていて氷のように冷たい。

これが、『冷えのぼせ』。

そんな症状が出ている方は、舌の状態を見てほしい。
舌の先だけ真っ赤になっている。

1.気の滞りがあって、体の全体の気のめぐりが悪い。
  イライラ・悶々が続いて、体を潤す力が足りなくなる。
  
  お水の少ないやかんを強火でガンガン沸かしている状態を
  想像してほしい。

  これが『のぼせ』

2.気が体の下部にめぐらず、血行も悪くなる。
   
  これが『冷え』

治療のツボは、足と手の部分を使う。

  * 行間…足の親指と人差し指の間をちょっと上がったところ。 
       頭に上っている熱を下に引く。

  * 太衝…足の親指と人差し指の間を上に上がって、足の甲の骨に当たる
       ところ。肝気を補ったり、減らしたろするツボ。

  * 復留…足の内くるぶしから、上へ指3本分。
       体に潤いを巡らせて、火照った部分をさます感じ。

  
  * 足三里…膝の下にある外側のくぼみから指4本分下。
        逆に流れている気を元に戻す力がある。

  * 合谷…手の親指と人差し指の間のペコっとへこんだところ。
       顔面のほてりをひく。逆に流れている気を元に戻す。

  
  
などに、灸をする。(治療の時は、鍼を打ったあと、お灸する)

      
  


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA