冷房病の鍼灸治療

また、今年も冷房病の季節になりました。

冷房病は、冷え症が強くなるのはもちろんですが、
自律神経の調整が乱れて現れる症状が、患者さまを悩ませます。

1.下肢の冷え(足首からの冷え→膝まわりの冷え→
          大腿の外側の冷え→おなかまわりの冷え。)

2.くびすじからの冷気による冷え・・・これが厄介。

症状  冷え性・頭痛・不眠・食欲不振・ぞくぞく感
     吐き気・いらいら・無気力・不安感・肩こり
     首が回らない・肩が上がらない・
     関節痛(頸、肩、肘、手首、膝、足首、股関節など)

治療は、お灸が中心になります。(鍼もします)
自律神経を整えることを、最優先します。

 :地熱灸 (もぐさをひねって、直接皮膚の上に乗せて、
        熱いと感じたら燃えつきる前にとりのぞ来ます。)
 
 :へそ灸 (おへその上に、塩をのせて、そのうえにもぐさを燃やして、
        じっくりお腹を温めます。)

 :棒灸   (棒状に固めたもぐさを患部に触れないように、ゆっくりまわりを
        なぞるように、温めます。)

そして、ご自分で日常気をつけていただきたいのは、
寝不足は冷えを助長するので、睡眠は十分とっていただくこと。

朝ごはんは、ちゃんと食べること。
食事をした後は体温が上がります。
食事を抜くと、寒さを強く感じることになります。
体が冷える、生野菜・くだものはこの際我慢してください。
火を通した野菜なら大丈夫。

首まわりは、冷気が入り込まないように、工夫すること。
ボタンをする、ストールをまく、背中にほかほかカイロを張る。

足元は、できればスカートを避ける。
レッグウォーマーをつける。

お腹にほかほかカイロをはる。

など自衛手段をいろいろ試してみてください。

   


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA