上半身の汗と下半身の冷え

この夏、本当に暑い日が続きました。

上半身から吹き出すように汗が出るから、
体感としては、暑くて仕方がない。

ところが、下半身は冷えが強くなっているはずなのに
気が付かないことが多い。
足は、ひえひえ。
でも体感は暑いから、おうちでは裸足でいる人が多い。

そこで、確かめていただきたいのが、
おなかの冷たさ。特におへそ回りの冷え。

ここがポイント。
おへその周りが冷たかったら、
おなかの芯はとっても冷えていると思ってください。

便秘・体がだるい・やる気が出ない。
頭痛・腰痛・顔のシミ・体全体がむくむ
顔汗・脇汗
よく観察すると、こんな症状も併発しているはずです。

『自分でできること』

1.シャワーではなく、お風呂に入る。
2、冷たい飲み物はさける。(特に冷たいお酒を多飲する方には注意)

『鍼灸施術』

1.経絡の流れや血流が、おなかの冷えで滞っているので、
  全身に流れるようにします。
  (夏なのに、かかとのガサガサがあるかたは、かなり血流が悪くなっています)

2.おへそ回りにお灸を施します。
  (体の芯から、温まりますので、今までの冷えを実感します)

おなかが冷えますと、体を守ろうとして、
おなかに脂肪がつきやすくなります。
夏に体重が増えたり、おなかまわりが太ったなと
思われたら、ちょっとおへそに手のひらを当ててみてください。
案外、そこだけ冷えているはずです。
  


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA