お血の痛み

東洋医学では、お血ということばを用いますが、
けっして『きたない血』という意味ではありません。

血が、停滞して、スムーズに流れていない状態をいいます。

一番わかりやすいのが、
 
 *舌の裏側を見ていただくと、血管が浮き出て紫色・
  黒っぽい赤などになっている状態です。

そのほか
 
 *舌の色が青っぽい紫色。

 *舌に茶色っぽいお点・シミ等が点々としている。

 *顔や皮膚に色素沈着が多い。(目の周りのクマなど)

 *どこか打ったかわからないが、よく青あざができる。 

 *口びる・歯茎が暗い紫色。

 *月経血にレバー状のかたまりが混じる。

お血は、単純にけがや打ち身でもあらわれます。

心臓・肺・肝臓・胃腸・子宮・筋肉あるいは、
その経絡に�翼血が存在します。
そのお血の場所をさがして、治療します。

お血の痛みは

刺すような痛み(刺痛)で、チクチク・ピンポイントで痛みます。
また、絞られるように痛い場合もあります。(月経痛など)

痛みが固定痛で、場所が変わりません。

押されるといやな感じがします。(うっ。。という感じ)

お血がある時は、気も滞っているので、気の流れをよくして、
その気の勢いで、滞っている血をぐっと押しだすイメージで
ツボを選んで、施術していきます。

『血と気に関係するツボ』を使います。

足にある 血海・委中・三陰交・太衝
お腹   気海・大巨
背中   膈兪・肝兪

治療が進むと、舌の色がピンクに近くなり、舌の裏の血管の浮き出た感じも
細くなり、顔色がよくなっていくので、患者さま自身が確認しやすいかと
思います。


No Comments Yet.

Leave a comment

CAPTCHA